Wi-Fiを選ぶなら必要な条件を割り出してから

インターネット社会となり、Wi-Fiを使うのは何も珍しいものではなくなりました。それどころか、見えないだけで、周囲を無数の電波が飛び交っている時代です。スマートフォンもWi-Fiを使って通信をするようになり、ノートパソコンやタブレットでもWi-Fiを使っているのは珍しくありません。さらにゲーム機や家電も利用しているのですから、生活の中で切り離すこともできないでしょう。

生活に密着しているようになったからこそ、失敗しないように選んでいかなければいけないのもWi-Fiです。さまざまな機器を接続できますが、いったい何人で使うのかも考えていかなければいけません。企画も年々変化してきている部分もあるのは確かです。ルーターの寿命といったことも考慮していくと、いったいどんなものを選んでいけば失敗しないのか、選び方のポイントが見えてくるようになります。

Wi-Fiとは一体何か

そもそもWi-Fiと呼ばれているものは何かといえば、接続できる技術のことを指しています。お互いでWi-Fiを使えば、さまざまなことができるようになるのが特徴で、そのひとつがインターネットです。機器の共有もできるようになりますが、無禅の環境を作り上げることができるため、特別な設備を作り優先で接続しないため、費用節約に大きなメリットを生み出していきます。ひとつのネットワークを作り上げるため、非常に大きな効果をあげられるようになり、加速度的に普及しました。

相互接続できることが特徴であり、対応している機種にはWi-Fiのロゴマークが表示されています。ロゴマークがないものは、無線で何か使えるとしても、Wi-Fiではないということになるでしょう。複数の危機も同時に接続できることも特徴で、パソコンやスマホ、タブレットなどの利用ができるようになります。それぞれがデータ共有もできるようになるため、利便性は一気に拡大することになるでしょう。

便利なWi-Fiですが、アクセスポイントがなければできません。機器はお互い直接つながるのではなく、アクセスポイントを介してつながるからです。そこで必要になってくるのが、Wi-Fiルーターと呼ばれる機器になります。家電量販店でも簡単に手に張るようになりましたし、インターネットの回線事業者がレンタルで貸し出していることもあるため、あまり細かくわからなくても手に入れられるでしょう。

通信規格と周波数帯

ルーターWi-Fiを使うとすると、まず必要になってくるのが親機と子機です。親機はWi-Fiルーターで、子機はパソコンやスマホ、タブレットになります。インターネットに接続するのであれば、回線の用意もしておかなければいけません。実際にWi-Fiルーターは、金額的にピンキリで、どんなものを選んでいいのか迷うはずです。それも、専門用語ばかり書かれていて、知識がなければ一体何が規格として書かれているのかもわからないでしょう。

Wi-Fiルーターを購入する場合、通信規格が重要になってきます。機器同士が接続することになりますが、いろいろと変わってきているからです。現在のところ、高速なのは11acになりますが、子機も対応していなければいけません。しかし、その下の規格もほとんどのWi-Fiルーターは対応していることから、現在高速な11acに対応していれば、長く使うこともできますし、最新のスマホでも性能を発揮させられます。

次に重要になってくるのが、周波数帯です。Wi-Fiには2つの周波数帯が使われてきました。2.4GHzと5GHzですが、これまでは2.4GHzが中心ですが、いろいろと問題が出てきています。この周波数帯は、電子レンジをはじめさまざまな機器が使っている周波数帯で、電波干渉を起こしてしまい、不安手になってしまうのです。ところが5GHzは、無線LAN以外はほとんど使っていないため、安定しやすいということになります。問題は子機のほうも5GHzに対応しているということになるでしょう。

重要な電波の強度

どんな規格のルーターを購入するのかが決まったら、電波強度を考えていかなければいけません。無線で利用していくことになるため、障害物があればその分電波が弱まります。ワンルームで使うのであれば、あまり気にする必要がありません。しかし、家族が多くなり、部屋数も増えてくると、強度がなければ正常な電波を捕まえることができなくなるでしょう。そこで電波の強度をかいても通じにくい部分があるため、間取りや家族の人数といったことで表現されています。

強度というところでは、アンテナおかずも参考にできるポイントになってきます。基本的には、本数が多いものは電波強度が高く作られているからです。Wi-Fiルーターにもいろいろとあり、アンテナ内臓のものから4本あたりまで見つけることができるでしょう。強度がなければいけないのであれば、本数の多いものを選択していくのは間違いのない方法です。

アンテナの種類も重要なポイントです。指向性と無指向性の2つのタイプがありますが、指向性は一定の方向に強い電波を飛ばせます。無指向性は広範囲になるところに特徴があるでしょう。間取りとして考えていくと、子機が決まった場所で使われる少人数であれば、指向性のほうが使いやすいのは確かです。逆に複数の部屋で多くの人が使うのであれば、無指向性を選んでおくと、利便性が高まります。

まとめ

Wi-Fiルーターは、規格やアンテナ、種類がはっきりしていけば、手軽に選んでいけるようになりました。簡単に手に入るだけではなく、セットアップも簡単にできるようになっています。接続に必要なセキュリティキーといったこともわかりやすく記載されるようになっているため、だれでも手軽に利用できるものになったといえるでしょう。設定を手軽にできるようにするという意味では、WPSやAOSSなどもあります。自動設定機能になってきますが、現在の危機のほとんどが対応するようになり、簡単な接続方法がとれるようになりました。

Wi-Fiルーターも、さまざまなかたちのものが出てきており、機能だけではなく、デザインも選べるようになってきています。部屋の中でも電波が通りやすいところに設置するのですから、おしゃれなものを考えてみるのもいいでしょう。予算などでも選択肢が変わってきますが、耐用年数が3年から5年程度というところも考えて、適切なものを購入するといいでしょう。